日本のJavaオタクのお祭りのJavaDayTokyoに行ってきました。
JavaDayTokyoに参加するのは初めてなんですが、今年はJava生誕20周年ということでかなり気合がはいっていたそうです。

前日の夜から東京に入ってイベントに向かったのですが、イベント開始が9時半ということで通勤ラッシュにぶつかって見事に遅刻しました。
基調講演最初から見たかったなぁ・・・


基調講演

基調講演の会場がこんな感じ。3階席からだとステージよく見えない・・・。
2015-04-08 10.24.07

ソフトバンクの店員で有名なペッパー君のSDKの話やJavaCarのデモとかの話やってました。
Java SE 9は来年あたりらしいという話もでてました。


昼飯

基調講演終わった後はnoko氏が近くにいたので一緒に昼食を食べたあとJavaグッズとオライリー本を買いに行きました。
Tシャツ2枚とJavaリュック・Dukeマグカップを購入。今年はJavaリュックとTシャツでキメるのが熱い!
写真とったけど、なぜかアップロード出来ないのでまた後日。

展示ブースではサムライズムでシールを頂きました。


Lambdas and StreamsAPI

午後最初のセッションです。
ここでうっかり休憩時間が13時30分まであると勘違いしていて20分ほど遅れて見ることになりました・・・。
内容的には、これからStreamAPI始めようとしている人向けという感じのセッションだったので、後半から聞いてても問題ない感じでした。


ゴールドマンサックスのJavaへの取り組み

午後2コマ目のセッションです。
関西のイベントの懇親会できつねさんに「ゴールドマンサックスすごいよ」といった話を聞いていたのでいってみました。
会社の話はそんなに無くて、GS Collectionsというライブラリの話が中心でした。

スピーカー曰く「StreamAPIを超えるライブラリだ!」とのこと。
学習環境も充実していて、プロジェクトのテストケースを通していく形で学習できるとか。
リポジトリは多分これ
GS Collectionsに関しては実際触って改めて記事かくと思います。


Nashorn in the future

午後3コマ目のセッションです。
Nashornのバージョンアップとかの話だった気がする・・・。あまり頭に入ってないごめんなさい


CDI and EJB – JavaEE alignment and strategy

午後4コマ目のセッションです。
最近JavaEEも触り始めたので行ってみました。
EJBとCDIのどちらを使えばいいか、どのような役割をもっているのかといった感じのセッションでした。

聞いた感じの僕なりの解釈ですが、JSFとEJBの間のレイヤーとして使うといった感じっぽい?


Java and The Internet of Things For Automotive Applications

最後のセッションです。
Javaを使って車やセンサーから得られる情報を表示するハードを作った話でした。
ハードの制御まで手をだすと色々とやれることが広がるので、僕もやってみたいと思いました。
とはいえ実際手を出すとお金が溶けそうだ。


20周年記念セッション

弁当と飲み物と解答用紙が配られて、弁当を食べながらJavaのクイズを答えたりする感じのセッションでした。
最初のJavaの前の名前は何?(答え:Oak)とかは答えられたんですが、3・4問目あたりからはもうさっぱりでした・・・


JavaDayTokyo Night Party

JavaDayTokyoが終わってからは会場を移動してナイトパーティーがありました。
Dukeのケーキ登場が出たり、Javaパフォーマンス本(寺田さんとcero_tさんのサイン付き しかもかわいいDukeのイラスト付き!)を頂きました。
これも写真とったけどアップロード出来ない・・・。また後日貼ります・・・。

次の記事は11日にあるJJUG CCCの記事になると思います。