JavatterFXのユーザーウィンドウ出来ました。
UserInfo
こんなかんじのウィンドウです。
切り替えの時は上のToggleボタンを使って移動します。
折角なので、切替時のアニメーションをやってみました。イメージ的にはスマホとかのスワイプみたいな感じです。
anim

Swingと比べるとアニメーションがすごく楽でした。(そもそもSwingでアニメーションさせてなかったけど)

今回使った単純な移動のほうほうですが、TranslateTransitionというクラスを使ってやっています。

int MOVETIME=600;//アニメーションする時間
TranslateTransition trans=new TranslateTransition(Duration.millis(MOVETIME));//600ミリ秒アニメーションする
trans.setNode(node);//アニメーションさせたいNodeを渡す
trans.setFromX(0);//アニメーション開始地点を0に
trans.setToX(100);//アニメーション終了地点を100に
trans.playFromStart();//アニメーション開始

コード見れば解説必要なさそうな感じですが、nodeが0から100まで動くよって感じのコードです。
簡単ですよね!

ちなみにZ軸も扱えたりするので動きに幅が出て面白いと思います。これだけでもいろいろできるので、ぜひJavaFXで遊んでみてください

ちなみに先日関ジャバに初参加してきたのですが、スピーカーの方が映していた資料がパワポだと思っていたらJavaFXで作ったものだったみたいです。
JavaFXすごすぎ。というよりパワポ使わずにJavaFXでやろうという発想もやばい…